AWK Products

いまは使う人も限られているAWK。
それでも、その構文は楽チン。
やってみると面白い!?

Release version.


Short filename To Full filename (s2f) version 1.32 はじまりは、vfat対策。しかし実現したものはホームページオートアップデーター。なぜ、こんなもん作ったのだろう。大きくなりすぎて今では、DOS版16bitjgawkでは動かない。go32版のgawkまたは、windows版gawkが必要。シェルモード、オンラインヘルプ、マクロ実行機能も常備。AWKで。
資産価値

awkpp version 1.26 AWK用のプリプロセッサー。AWKスクリプトの部品化(ライブラリ化)が可能。#include, #ifdef, #ifndef, #elifdef, #elifndef などが使える。ANSI C のヘッダーファイルの構造を反映。こいつのおかげで、s2f, oss, distml2 を作成できた。でも、最初からcpp使えば良かったのね。
資産価値

distml version 2.b 正式名称は Dist(ML)^2。Nifty (Serve の方)のメールのヘッダ情報を抜き取って、好きなファイルに切り分けます。また、(しようによっては)メーリングリストも実現可能。MaiL and Mailing List で、(ML)^2。ソースは、awkpp で拡張可能になっていいるので、好きにいじってちょ。
資産価値

perlpp awkpp同様、perlのライブラリ化を図る。ただし、gawkで動かす。
資産価値

shd2html & tds2html スタックヘルプファイル *.SHD や、tdsファイル *.STK を HTMLに変換。ただし、リストボックスのバッファにバグがあるブラウザは落ちる。(NN 4.7 以下など)。使用上は注意。
資産価値

awklib AWK用ライブラリ。getopt, filename manager, time stump converter(DIR<->ls) など。
資産価値

expire nifty log Niftyのログが大きくなったら、これを使って、連番セーブ。MYDBと組み合わせて、磐石。
資産価値

AWK実践ドキュメント AWK使用中困った話
資産価値